高齢者住宅

高齢者住宅とは、特に細かい規定があるわけではありませんがバリアフリーやユニバーサルデザインといった障壁となる壁をなくしたデザインが住宅にも重要視され始め、そのデザインに特化した住宅を高齢者向け住宅として呼ぶことがあります。2011年にサービス付き高齢者向け住宅が創設され介護付や食事サービス付の住宅が法的に登録を必要とする認可型の住宅といえます。それ以外は特に認可の必要も判断の基準もなく、高齢者に最大限配慮されており、高齢者専用の住まいとして提供されていることが唯一の判断の基準であり、家主が高齢者住宅と呼べば高齢者住宅と言えるほどあいまいな部分があります。

 

高齢者住宅には入居と在宅の二択に区分けしてみることができ、前者は老人ホームなどのように高齢者に特化したサービスをうけるためサービス料を支払い入居します。介護やイベントも充実しており、高齢者住宅の代表ともいえるサービスです。後者の在宅は訪問介護などが広まり、また宅配飲食サービスなど地域に密着したサービスが安価に設定されたこと、建築法の改正によってバリアフリーの規制やユニバーサルデザインの推進によってよりすみやすい住宅の定義がなされたことにより飛躍的に高齢者に配慮させた環境が整ってきました。

 

高齢者住宅は少子高齢化の社会の中で日本が他国よりも遅れていた対策のひとつで、現在もまだまだすみにくい地域や不適切なサービスなど高齢者にとって不憫ある環境であり、改善が強く求められています。高齢者住宅についてもサービスを行う福祉関係の雇用の実態がひどく、雇用の改善から行っていかないと高齢者住宅にかかわるサービスまで充実できないといわれています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市