バリアフリー住宅

バリアフリー住宅とは障壁の無い住宅といえます。体の自由が利き生活に支障が無い場合はいいのですが年齢を重ね高齢になってくると少しの段差も躓いたり転倒の危険性が出てきます。そういった高齢にならないと、体が不自由にならないと気がつかない箇所の障壁を無くし改善した住宅をバリアフリー住宅といいます。入り口玄関に3段の階段がある場合、それをスロープに変更するには左右に合計12m程度の距離をとってスロープを作らないといけません。実際は3段程度の短い距離、高さですがスロープは車椅子の走行を可能としているため、急な勾配は大変厳しく11度前後での勾配を設定しないといけません。手すりに関しては用途によっても設置の条件は違いますが、握りやすい周囲32φから34φが基準のサイズとなっています。

 

現在の家をバリアフリーに改造しようとすると思いもしない費用が必要であり、たくさんのスペース確保が必要となります。

 

そこで現在言われているバリアフリー住宅は建設のときより階段の幅を広げており手すりのサイズも最適化、生活に必要な設備は一階に集約され扉で仕切られた空間は撤去され広く間をとったデザインとなっています。

 

途中で改装すると柱の関係から完璧なバリアフリーは難しい為、改装しても危険がのこります。しかし建設時からバリアフリーを考慮して、また今は不要だが将来的に必要となる設備を設置できるように階段の幅を広く設けたりあらゆる不便を考慮し、あらゆる障壁にたいして対処ができる住宅をバリアフリー住宅といいます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市