エコハウス

本来は住宅に住む人の安全を守るために建てられる住宅が利便性を求められ、デザインを求められ、価格を求められて出来たのが体に悪い有害物質を含んだ住宅でした。住宅本来の役割さえも脅かす有害物質の含んだ住宅は安価で製造も早く、処理されているために施工が簡単でした石綿なども住宅では問題となりましたが、これ以外にも多くの問題をおこしています。

 

こういった事件もあり、環境に配慮した時代が周囲のエコへの精神をかきたてた結果、住宅に対してもエコハウスと呼ばれる住宅があらわれることになりました。

 

エコハウスは環境に配慮されており、自然環境との共生を基本としており、自然に負担をかけないように素材を有害物質を発生せず、自然な状態で自然に還元することができる素材を基本的に使用し、太陽光発電など注目を浴びる自然エネルギーの活用を促進しており、設備に関しても利便性のみを追求した設備の投資はせずに最低限生活が快適におくれることが出来る範囲での設備の設置としています。

 

エコハウスは自然を壊さずに暮らしていくことが目的にあり、エコを題材とした製品は多く発売されており、自動車に関してはガソリンを一切必要としない電気自動車や排気ガスの極端に少ない低排出ガス認定自動車など産業界にとってもエコの時代が当たり前のものとなっています。一昔前はスーパーでの袋は当然なものとなっていましたが、一枚あたり10円をとるスーパーがでたり、エコバックと言う名で大きなスーパー袋の誕生などより身近な環境においてもエコハウスのようにエコにたいする意識が進んでいます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市