高齢者賃貸住宅

高齢者に関する法律の制定に伴い高齢者円滑入居賃貸住宅・高齢者専用賃貸住宅の登録の制度は廃止となりました。

 

高齢者賃貸住宅とは高齢者専用に入居を推進する住宅で国土交通省が管轄しており、もともとは登録制でしたが平成23年の法改正によって登録がなくなりました。

 

高齢者の入居は高い確率で拒まれており、それを打開するために高齢者円滑入居賃貸住宅制度を発足し高齢者でも同様の権利をもって入居が出来るようにした制度がはじまりました。これに伴って高齢者賃貸住宅の数がじょじょに増えていき食事や入浴の介護や掃除などのサービスも充実していきました。現在の求人でも入浴介助の求人は多くあり、この点からも高齢者が多く入居しており、サービスを求めていることが伺えます。有料老人ホームとよく比較されることもありますが、定義上老人ホームとは異なった存在となっています。

 

有料老人ホームでのサービスよりも少しサービスが劣り、どちらかというと自立に近いサポートシステムで当然安全を考慮した設計とサービスのもと高齢者の入居を拒まない住宅となっています。平成24年からはサービス付き高齢者向け住宅と名称をかえ、介護や医療などのサービスをおき、まだまだ自立して生活はおくれるけども、もし何かあった場合にはそれらのサポートによって安全に的確に生活と身体を救援してくれるようになっています。

 

まだまだ始まったばかりのサービスであり、人材も不十分ですがこれから多く求められる福祉産業となると思われます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市