建売住宅とは

中古物件に関しては自然と建売の住宅と言えるのですが、建売住宅とは基本的に土地と建物をセットとして販売する新築の物件のことをさし、販売の目的によって土地付物件と呼ばれるものと住宅付物件と呼ばれるものがあります。どちらも先述に述べたように土地と住宅がセットになった物件です。

 

建売住宅は街中を歩いていてもよく目にすることが出来、チラシなどの広告にも多く掲載されている住宅見学会などが建売住宅と言えます。

 

住宅は直接目で見て確かめることができ、自分のニーズに合った土地かどうかも立地環境によって安易に確認ができることから気軽に住宅に対して調査を行うことができます。

 

震災や火災に関する専門的な技術や対策に関しては少し不透明なところもありますが、建築基準法で定められた基準を満たしていないと建設の許可はおりませんのである程度は建設業者を信頼し、後は本人の目でみて体験したことで信用を深めるしかありません。

 

もちろん悪い会社も存在しており、社会問題ともなる欠陥住宅もあると報道もされているのですが、それでも実際に確認ができて安くて入居までの日数も短くて済む建売住宅は若い世代のマイホーム取得に大きく人気となり、それにあわせたフラット35やフラット50といった住宅ローンのサービスも若い世代のマイホーム取得の追い風となり、現在高層マンションと並んで人気の住宅となっています。

 

注文住宅とどちらがいいのか良く対象の比較とされますが、優良な施工が行われることが住宅にとって、居住者にとって最大の価値と言えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市