住宅つきの土地

建売住宅の土地つき住宅とは別の分類とされる住宅つき土地とは販売の目的が住宅では無く土地にあり、分譲の土地を保有する業者がその土地を売るために建てた住宅とも言えます。もちろん建売住宅の購入者は自分が気に入った物件を探して最終的に購入になるわけですから、住宅つきや土地つきといった区分は特に気にすることなく建売住宅を選びます。広告にもわざわざ土地が販売目的の住宅ですなどと記載することはありませんので一見して見分けることは困難です。しかし住宅つきの土地を販売しており、その住宅はオプション程度といった物件はハウスメーカーなどの住宅を商品として取り扱っていないため有名建築家設計のデザインハウスなどと住宅自体に名称がつくことはなく、分譲地を保有する不動産の名称を使用しています。そこで土地つきか住宅つきかを見分けることは出来ます。

 

建売住宅には土地か住宅どちらかを売りたい業者が土地を購入して商品の住宅を販売するか、土地をもっている人がそこに住宅をたて土地を売るかの違いになります。

 

不動産を事業としていない人でも十分な土地があれば、土地を販売の目的とする住宅の建設を建設業者に依頼して販売を不動産会社に依頼することで資格無くとも建売住宅を販売することが可能といえます。

 

しかし実際はそこまでの手間をして土地を売ろうと労力を駆使しない為、土地のみを売ったり貸し出す人がほとんどです。

 

建売住宅とは一般的に分譲住宅として広告などには広く使われており、分譲住宅と聞いた方が理解が深まるかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市