非木質系注文住宅

従来の日本では木質系の住宅が主流でしたが、コンクリート工法などの普及により非木質系の住宅の建築が可能となり、より柔軟な要望にこたえることができる技術が日本にも伝わり、浸透してきました。

 

木質の住宅は耐火性を高めても火には弱いというデメリットがあり、居住者にとっては不安の材料となっていました。鉄筋コンクリートの利用によって基礎から屋根を一体化した建築が可能となり耐久性に優れた建築が可能となり、重量は重くなってしまうけども徹底した基礎の工事によって頑丈で融通の利く住宅が建設できるようになりました。

 

非木質系注文住宅は木造の住宅の建設では難しい制限に対してコンクリートを流しこむ工法を取ることでより自由な設計を可能なものとしました。

 

木造にはこだわりが特には無く、設計上住まいの快適な居住空間や太陽の差込による生活の安心感など自然と調和をとりながらも個人の思想に伴った居住空間の設計が必要とされ、これらを可能としたのが非木質系注文住宅と言えます。

 

この非木質系注文住宅の技術によってさまざまなニーズにこたえることができ、注文住宅が依頼者にとってより最高の手段として今も位置づけられています。

 

注文住宅は依頼者の要望に沿って完成時に満足されることが設計者の喜びであり、施工主の技術でもあるため、施工は大変難しいですが両者が本当に満足して自慢の出来る家とは注文の住宅にのみ存在するのかも知れません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市