建売住宅のデメリット

建売住宅のデメリットは、住宅をみればみるほど理想の住宅のイメージが具体的に想像ができてしまい、建売の住宅から理想に近い住宅を探しだすことが困難なことと言えます。最初の間は、階段がもう少し広ければなど少しの理想しかないのですが、それでもマイホームの購入ですから即決とはいかず何件も住宅をみてまわることになると思います。その中で妥協点というのが必ずしもあり、大満足という状態で住宅を購入されるかたはまずほとんどおられません。どこか間取りやシステムに不満があるなかで妥協して購入されます。この様なとき、注文住宅で理想の設計が出来ればとおもわれます。

 

また理想に近づけるために追加での工事やオプションを選択した場合、費用が一気に加算されてしまい、注文住宅と同様の値段になってしまうことがあります。このように購入前にある程度のデメリットがあり、妥協点を模索した中で購入したマイホームですが住んでみてからおこりえるデメリットもあります。

 

住み始めてわかるデメリット、これは住宅見学の時だとなかなか気がつかない、住んでいくなかでの変化や疑問です。建売住宅は施工の経過を確認することなく建てられた家に住むため施工が丁寧に行われていたかを確認することが出来ない為、住み始めたあとの建て付けの悪さや壁の施工不良などあらゆる箇所での欠陥が見つかり、トラブルとなることがしばしみられます。大金をだして購入した住宅が欠陥だとわかれば、とても残念であり大変ショックなこと、そして住宅としての価値も一気に下がってしまいます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市