注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリットは期間です。ゼロからの設計の為打ち合わせに何度も時間をとられてしまい、住宅の設計図が完成するまでに多くの時間と労力を必要とします。設計図が完成しても建築基準法に基づいた基準をクリアしていないと住宅の建設は許可が下りないため素人の注文と専門家の意見を上手に考慮して安全で理想な住宅を設計することは安易ではありません。

 

長い月日をかけて設計図が完成し内装のシステムを選択していくのですが、ここで好きな製品をどんどん選ぶと7桁8桁と費用が一気にふくれあがってしまいます。予算に余裕があれば問題ないかもしれませんが、想像よりも高い製品に注文住宅ならではの自由度が制限されてしまうことがあります。

 

建設段階にはいっても注文主は建設現場に足を運び施工の担当の方々への配慮がとても重要で気を使うことがらになってしまい。気分よく良好な関係を保ちながら建設を無事終えてもらう為には差し入れや気遣いがとても重要で、怠ってしまったり、関係の悪化により十分な施工を行ってもらえず手を抜いた欠陥住宅が出来上がってしまう危険性があるといったリスクがあります。法の改正によってある程度の建築基準はありますが、それでも注文の図面に対して施工する為十分な技術が必要となり一般の建売住宅よりも長い期間の施工が必要となってしまう為、継続して気を使い良好な関係を保つことは大変な労力を必要とします。

 

設計から住宅の完成まで多くの費用と労力が必要な注文住宅は理想の住宅と引き換えにあらゆるデメリットを考慮しないといけません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市