府営住宅

公営住宅の一つとして称される住宅で団地と呼ばれる一角は市営や府営の住宅であることが多いです。

 

市民の為の住宅として、所得に応じた家賃の設定や入居応募方となっており個人で住むことは難しく、家族ある家庭が毎年申し込み住宅の空き状況に応じて入居が抽選で選ばれます。近年は昔のように古くもろい建設でなく、マンションのように環境も整備されエレベーターの設置は当然となり内部も広く頑丈なつくりとなっており、低所得者が増える世の中で府営住宅の待ち状況はとてつもなく多くなっています。

 

これには2007年からの賃料の詳細な振り分けにより所得に応じた賃料で入居ができるよういなったことと、暴力団排除の取り締まりが強化されたことによりセキュリティ面や居住の環境としてもその他マンションや一戸建てと引けをとらない環境となってきたことが安心を得、安くて良い住宅に住めるとう大きなメリットをうみだしました。

 

公営住宅の一部では入居の審査・抽選に対して他の圧力や権力が深く絡んでおり、一部の入居希望者が優先的に選ばれているのでは無いかという疑問も多くなげかけられていますが、現在その疑問点にたいして明確な証拠はなく入居希望者は毎年の抽選による通知を待つ他ありません。

 

お問い合わせは近くの市役所か各地に公営住宅の窓口があり、近年はインターネットでも簡単に入居状況を調べる事が出来るようになっており、建て替え予定の府営住宅などは狙い目かもしれません。地方により条件に多少の違いはありますが、基本的に市民の為の住宅として、格安賃料の物件と覚えておけばいいと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市