住宅の注意点

住宅を購入するにあたっての注意点は欠陥住宅でない事やアフターフォローの充実など長く居住をしていく上でもっとも重要な事柄と良好な関係性の構築が求められます。

 

また契約して住宅を購入する場合、契約書や見積り書に見たことのない言葉がならんでおり、一見して見積り項目にある費用が妥当な金額なのかを判断するのに困惑してしまします。

 

仲介の業者に払う手数料以外に見てもわからない項目については一項目ごとに説明をしてもらい、その上で金額の交渉をすると余分に加算されていた金額が次の見積りでは削除されていることがありますので、わからないからといって説明を鵜呑みにするのではなく何度も問いかけて妥当な金額に調整していくことが必要です。

 

契約の際に十分な説明をすることが義務付けられていますが、これらの説明をしたとして印鑑を求められますが、契約の後に契約書を再度確認して理不尽な事柄に泣きを見ることが多くあります。専門的な契約の為説明を読み上げられただけでは十分に理解することは簡単ではありません。これら契約には今後のサポートや住宅に対する保障などが記されている為、入居後に感じる不備などを適切な形で補修など行ってもらうためにも誰にでもわかる言葉で説明してもらえるようにお願いすることが大切です。

 

住宅には注文住宅と建売住宅があり、購入者の予算や理想によって購入形態はさまざまですが、どちらも大きな費用とリスクを伴う為、知識はなくともわからないことはしっかりとした説明をしてもらう心構えと業者との良好な関係の構築は安全で安心の住宅を手にする最適の手段といえます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市