集合住宅

集合住宅は建物の中に複数の世帯が居住することができる建物のことを言い、共同住宅と長屋として大きく分けられています。

 

アパートなどは古くから呼び親しまれている名称でアメリカではアパートメントと言い、マンションもこの分類に属しており、日本のアパートとマンションのような区別はありません。

 

団地や社宅に寮なども集合住宅の分類とされており、一軒屋として土地に住居を構えるよりも一定額の大きな賃料を得ることが出来る為、賃貸物件として広く世の中に普及していきました。現在はマンションの分譲などにより購入する人が増えた世の中ですが、社宅や寮などはそれらを一時的に利用する人にとって安く、通勤や通学に便利であり、食堂が付いている寮は遠方から出てきた学生やプロスポーツ選手などに多く利用されています。

 

国際的にもデザインが洗練された集合住宅など、あらゆる面で人気をもっており、集合住宅の博物館なども各地にあります。

 

購入する側にとっても一戸建てよりも割安な価格で購入できワンフロアに集約された居住空間はとても利便性もよく、最近は高齢者向けの集合住宅もあり、注目を浴びています。

 

ワンフロアに集約する事により階段の昇り降りなどの負担もなく、一面をフラットな設計をすることにより、安全で快適な暮らし、二世帯で住んでも何かあった時の異変にすぐに気がつけるなど配慮された空間の演出が可能となっています。

 

これにより賃貸物件でなく購入後に好きにリフォームが出来、安全なマンションなどの集合住宅が人気となっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市