賃貸住宅

賃貸住宅は貸主の定めた賃料と契約内容に了承し、契約を済ませた者が毎月の賃料を支払い住まう住宅のことで、入居者はマイホームと違い引越しなどが行える利点を含め単身赴任の人などに多く人気を集めています。

 

賃貸物件は保証金や敷金・礼金といった入居時に必要な諸経費があり、退去時にこれらの資金を巡って契約者と貸主の間で問題となることが多々ありました。

 

ここで問題となった敷金とは債務の担保としての役割を担っており、問題なく賃料を支払い契約に基づいて解約の手続きを行った場合変換されるお金であるにも関わらず、契約者に対して返還せず、また補修・改修費用として新たな金銭を要求するといった問題がおこりました。

 

基本的に入居中の劣化の補修義務は入居者にはなく、著しく損壊を起こした場合は別ですがそれらの改修は家主側に責任があり、敷金を補修に使うなどといった理由も妥当なものではありません。

 

賃貸物件は入居のしやすさや引越しのしやすさなどに利点をもち、時代に合わせて新しい住居に転々と移れることが大きなメリットである一方で貸主とのトラブルが大きな問題ともなっています。

 

マイホームを購入して支払うローンと賃貸で支払う家賃と比較してどちらが得かをよく比べられますが、互いにメリットがあり・デメリットで金額的にも最終的には同等の価値として見られています。よって最後は本人の好みに合わせて賃貸かマイホームかを選ばれますが、マイホームの購入は若い方が良いと言えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市