洋風住宅

洋風な住宅といえば、広い敷地に赤レンガや白い壁に中は広くとられたリビングなどが一般的なイメージにありますでしょうか。日本では輸入住宅として洋風な住宅が広まっていきました。

 

輸入住宅はほぼ欧州といってもいいほど大半をしめており、輸入資材によって建築が進められ海外の建築の思想に伴って建てられます。

 

日本の和風な住宅とは異なる特徴をみせ、外観や内観すべてにおいてモジュールが違います。一般的な住宅の廊下など、日本は910mmが基本に建築が進められますが、北米は1220mm、北欧は1000mmが基本となっている為、日本の建築物よりも輸入住宅でたてられる住宅のほうが空間が広くとられます。

 

ログハウスや北欧、北米の住宅に分類される洋風な輸入住宅ですが、それぞれが特徴をもっています。

 

北米の住宅スタイルはレンガ張りや屋根にドーマーなどがあり、日本とは違い玄関は中央に設置されることが多くレンガ張りの家などは日本でも大変人気を集め今では多くみられます。

 

北欧の住宅はシンプルさが特徴で寒さから身を守る文化が重厚な建築へと受け継がれ、これが落ち着いた雰囲気をだす建築として人気を集めました。

 

ログハウスはキャンプ地やセカンドハウスとして大変多く建てられおり、丸くて太い木を小屋のように積み上げる建築構造で外観から内観に至るまで独特の雰囲気と異空間のような演出で妙に落ち着く空気と木の香りがログハウス利用者に大変人気があり、温泉地などの観光地の宿泊施設としても人気があります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市