.分譲住宅とは

.分譲住宅とは、住宅区分のうち、分譲マンションや建て売り物件のように、分譲することを目的として建てられた住宅の事です。

 

間取り、外観などの仕様は業者側で既に決められており、ニュータウン、マンションなど同じ仕様の住宅を一括して大量に立てることで、注文住宅と比べて安く購入することができますし、自分で間取りを考える必要がないので何よりも手軽に購入ができるのです。

 

似たようなものに建築条件付土地分譲というものがありますが、これは土地の売主が自分が指定する建築業者との間に、一定期間内に建築物を立てる契約をしているということを了承した上で買う土地の販売のことになります。

 

そもそも『分譲』というのは、『分割譲渡』の意味で、まとまった不動産、物件などを分割して販売することをいいます。大きな業者が、広い土地を一括購入して一括開発し、それを一戸ずつにして売り分ける住宅のことを分譲住宅というのです。

 

また、業者が山を買って土地をならし、インフラである電気・水道などを整備して区画を割り振ります。この割り振った土地を売るだけでも『分譲』といい、その土地に戸建の家を建てて売ることを『建て売り物件』『建て売り分譲』と呼びます。この建て売り分譲された住宅のことを『分譲住宅』というわけです。

 

しかし、気をつけておきたいのが、一般的には土地付き一戸建ての住宅の分譲のことをいうのですが、土地の所有権は売主がもっており、借地権がついているものもありますので、どこまでが自分のものなのか、借りているものなのかをしっかりと見極める必要があります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市