物件探し

物件探しに使える方法というのはいくつかあります。

 

まずたくさんの情報が詰まっているのは住宅情報誌です。これは時期・季節によって厚さは異なってきます。不動産業界では売りに出される物件の量は一定ではなく時期によって増減があるので、雑誌の厚さもそれに比例するというわけです。

 

情報誌というのはとりあえず2種類あると考えておくとよいでしょう。

 

一つ目は住宅情報誌。掲載内容のバリエーションが豊富で、物件情報の他に実際の購入者のアンケートやクチコミ、買い方に役立ったことなど企画の掲載があり、見ていて楽しめるというものが多く、基礎知識を蓄える上でも重要な情報源となるでしょう。

 

また、最近はコンビニエンスストアや駅、本屋の前などにフリーペーパーの住宅情報誌が用意されている場合もありますから、その地域のものでよければ見てみるのもよいでしょう。

 

二つ目は不動産会社の定期住宅情報誌があります。特定の不動産会社の物件がまとめて掲載されているもので、一つ目の住宅情報誌と比べると情報量としては少ないですが、気に入っている会社があれば、そこに集中して情報を集めるのも手です。会社によってコンセプトも様々ですので、いろいろな会社の資料を集めるのも良いかもしれません。

 

基本的には無料で、ホームページでアクセスし、登録すると資料が送られてくるという仕組みが多いようです。

 

そのほかにはインターネットで調べるという手もあります。最近ではネットの情報量は半端なくありますので、手始めに調べてみるのはインターネットが手軽で良いかもしれませんね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市