借り換え

住宅ローンの借り換えとは一体どういうことなのでしょうか。借り換えとは、今、借りている住宅ローンを、他の住宅ローンを借りることで一度一括返済してしまうことをいいます。

 

借り換えのためには時間も、費用もかかりますから、何を目的としてどのようなメリットのためにおこなうのかを明確にする必要があります。

 

例えば、今の金利よりも低金利のローンへの乗り換えをして返済額を減らしたい場合や、現在変動金利にしていて、将来の金利上昇のリスクに対しての備えをしたい場合に長期固定金利に移行する場合などです。

 

借り換えは借りている本人が、直接金融機関に借りたいという旨を言いに行くのが一般的です。書類などは自分で用意しますが、何が必要であるかなどは新しく借りる先の担当者の言うとおりにしていれば間違いはありません。

 

自分にとってどのようなメリットがあるのか、申し込み資格は自分にあるのか、金利のタイプや、手数料についてしっかりと担当者に質問をしてしっかり準備をすることが大切です。

 

借り換えるということは、新たにローンを組むということですから、諸費用が必要となってきます。諸費用というのは、融資手数料や司法書士手数料、登録免許税、保証料などです。保証料がかからない場合もありますが、それでも20万円から30万円は覚悟しておいた方がよいでしょう。

 

借り換えというのはそもそも住宅ローンの見直しの方法として定着しているものですが、ローンを見直すのであれば借り換えではなく、繰上返済という手もありますから、自分に合った方法を見つけるのが大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市