住宅ローン控除

皆さんは住宅ローン控除という言葉をご存知でしょうか。これは、平成25年12月31日までに住宅ローンを組み、家の検察や購入、リフォームをして入居し、要件を満たすことで住宅ローンの控除を受けることが可能となる制度のことです。

 

具体的には、入居してその翌年に税務署へ申告することで、所得税の還付を受けることができますし、自営業の方の場合は所得税を支払う前にその控除額を差し引いて税金を収めることが可能となります。

 

そもそも、住宅ローンの控除を受けられる人というのはどのような人たちなのでしょうか。

 

控除を受けるための要件は、住居を引き渡してもらってから六ヶ月以内に入居し、その年の年末まで住み続けていることが必要です。そして控除を受ける年の合計所得が3千万円以下であることです。

 

また、住宅を得た先が生計を同じくする親族などから得たものでないことや、入居年の前後2年間、計5年間の間に居住用の財産を買い換えたり、3千万円の特別控除の特例を受けたりしていないことがあります。

 

こういったものがローンの控除を受けられる人の条件となります。

 

もう一つに、ローンの内容そのものが住宅ローン控除に当てはまるかというところも見ておきましょう。

 

まずは土地・建物が自分の住む家のローンである必要があります。そして、親族などからの借り入れではなく、建設業者や金融機関、または勤務先からの借り入れであること、返済期間が最低でも10年以上はあることなどが挙げられます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市