敷地の法的規則

敷地の法的規則というものをご存知でしょうか。マイホームを建てる際の制限となってしまう場合もありますので、土地を選ぶ前にきちんと確認しておく必要があります。

 

例えば、前面の道路が幅4メートル未満であったり、私道であったりする場合は注意が必要です。土地は、前面の道路に2メートル以上接していないと家は建てられないことになっているのです。

 

前面の道路が4メートル未満の場合、たとえ自分の敷地でもその一部を利用できないといった事態になりやすいですし、家の前が公道ではなく私道の場合、どうしても使用しなければならない場所ですから権利関係がどのようになっているのかを確認する必要があります。

 

マイホームはそれぞれに建てたい形があると思いますが、場所によっては3階建ては建てられない場所があります。

 

例えば、「用途地域」といった都市計画法にある土地は、そこに建てられる建物の種類が決められてしまっているのです。建築規模が「容積率」「建ぺい率」というもので決められていますから、それに沿った建物しか立てることができません。そして、建物の高さ、道路への斜線などの制限も受けます。

 

古都を称する町などは、外観を見損なわないために高さを制限したり、色を統一したりするところもあるのです。それが窮屈に感じるのであれば事前に調べておくことをおすすめします。

 

また、お隣さんとのお付き合いも大切です。敷地の境界の問題はのちのちのトラブルの元となりますので、きちんと敷地境界確認書の交付を受けるようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市