不動産取得税

マイホーム購入の際に避けては通れないのが税金です。まず、不動産取得税とはどのような税金なのかを見ていきましょう。

 

不動産取得税は、家、土地を購入したり、家を建築したりして不動産を取得した場合にかかってくる税金のことをいいます。これは、不動産の取得をする場合は税金を負担する経済力があるとみなされるためにかかってくるものです。ここでいう不動産とは、マイホームも含め、田んぼや畑、山、店舗、向上、倉庫などのことをいいます。

 

この税金を納める人は、その土地や建物を取得した人物になりますから、家主ということになります。

 

この税金の額というのはその時の購入した不動産の価格×税率になりますが、その税率というのは現在のところ、住宅、住宅用の土地、商業地の土地であれば3%で、店舗や事務所などであれば4%となっています。

 

しかし、税金がかからない例もいくつかあります。それのひとつは相続によって不動産を取得した場合、これは相続税であって不動産取得税ではありません。次に法人が合併または分割によって不動産を取得した場合。それから、公共用の道路の取得、宗教法人、社会福祉法人などがその目的のために手に入れた不動産である場合などがそれにあたります。

 

また、この不動産取得税というものは、申請することで軽減措置が受けられる場合があります。たとえば、特例適用住宅と呼ばれる面積が一定以下の建物や、中古住宅の一部がこれにあたります。土地についても要件を満たすことで税金が軽減される場合があります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市