分譲住宅のデメリット

土地と建物を同時に手に入れたいと思っている方は結構多いと思います。そういった方々に有効なのが『分譲住宅』です。基本的には既に完成してある建物を見て決めるため、比較検討がしやすいというメリットが考えられますが、意外な注意ポイントがあります。

 

一つ目は建物の品質や性能の面の信頼への不安ということ。

 

二つ目は私たち入居する人間のこだわりが反映できないこと。

 

三つ目はその建物の善し悪しを判断するための消費者の目が必要であること。

 

四つ目は周辺のコミュニティーへまっさらな状態から溶け込んでいかなくてはならないということなどです。

 

新興住宅地の分譲住宅を購入した場合、今まで住み慣れた地域とは全く異なるわけですから、新しい近所づきあいが始まります。家を購入してしまったらおいそれと引越しはできませんから、周囲にどのような人々がいるのかを把握しておくことも大切です。

 

三つ目の建物の善し悪しを判断するというのは意外と難しいものです。間取り、設備、インテリアなどの様々な要素で成り立っている建築物ですから、具体的なものが目の前にあるとはいえそれが本当に適正価格なのかを判断するのが難しいものです。

 

分譲住宅の事業をする会社はハウスメーカーであったり、不動産会社であったりしますが、それぞれに目的は異なる場合があります。

 

あくまでも雑感ですが、ハウスメーカーは建物を建てることが主で性能は良いがやや割高で、不動産会社は土地を効率的に得ることがメインですので性能も一定レベルですがお手頃価格であることが多いようです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市