注文住宅のデメリット

注文住宅にすることによって考えられるデメリットといえば、まず第一に時間がかかることです。希望を叶えてもらうためですから仕方ないですが、希望を叶えてくれる建設会社を選ぶ時点でも時間がかかりますし、時間制限のある条件であったりする場合はかなり忙しくなってしまいます。

 

そして、時間と少し重なりますが細かな打ち合わせをしなければならないというのも、メリットでもありデメリットでもあります。細かなところの素材を選べたり、間取りを工夫できたり、自分の好みに合わせてデザインできたりということができる分だけ、それ相応の知識が必要になります。

 

また、様々なところに希望を出せる分、ある程度できたら建設会社と相談し、耐震性や安全性などについて、家全体のバランスを見てもらうことも大事になってきます。素人知識だけでは家全体の構造がバラバラである場合もあるため、業者と話を詰めていくことが大事になります。

 

そして、考えておかなければならないのが費用です。素材を好きに選べたり、間取りを選べたりしますから、それだけ思っていたよりも費用がかさみます。最終的に予算内に抑えるためにはどこかを削ったり変更する必要が出てきてしまうものです。

 

結局のところ妥協点が多くなり建て売りと変わらないものができてしまう場合もありますから、予算と希望とのバランスをしっかりととる必要があります。

 

そして、建ってしまうまで日当たり、風通しの実際のところがわからなかったり、土地探しに時間がかかってしまったりというデメリットも考えられます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市