資金計画

今の日本はデフレの嵐ですから、給料・ボーナスのカットに加えてリストラという言葉も珍しくなくなりました。そのため、将来に対する不安というのが若い世代まで広まってきている時代となりました。

 

そんな中、住宅ローンというのは大きな借金を背負うということに他なりませんし、地価というのは今後も下がる可能性が大きいとの見方もあり、これから住宅をローン購入しようと考えている人は慎重にならざるを得ません。すでに家のローンの返済の重さに耐え切れなくなっている人もいるのです。

 

住宅ローンを組むのであれば、はじめにしっかりと資金計画を立てることが重要になってきます。マイホームの夢に踊らされて将来、家計に大打撃を与えるような悪夢に成り代わってしまわないように気をつけましょう。

 

そのためには、メーカーなどに頼んだりするまえに、予算を余裕をもたせた金額で用意しておくことが何よりも大切です。無理のない返済計画を立てるのは資金計画の基本です。

 

詳しくは後ほど記述しますが、頭金は最低でも2割以上用意する必要があるということは念頭に置いておきましょう。

 

しかし、頭金を用意しただけではマイホームは建ちません。家を買うためには消費税・登記料などの諸経費が意外とかかるものなのです。ローンを組むためには保証料というものもかかりますし、トータルで100万円は必要になってきます。

 

まだまだ建てるのは先のことと考えている人は、職場の財形貯蓄がないかを調べてみましょう。給料から天引きされるようにできますし、一定条件をクリアすると非課税になったりと何かと得なこともあります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市