頭金について

頭金というのは住宅を購入する上で大切なものですが、そもそも頭金とはどういうものなのかを整理しておきます。

 

頭金というのは、諸経費のほかに、物件の価格に対して当てられる部分のことをいいます。今後の生活に対する蓄えを別にして、マイホームを買う際にかかる諸経費を別にして、それでも物件に対して一気に払えるお金のことをいいます。

 

頭金の重要性というのは、今後のローンの金額にも大きく関わってくるからです。実際によく言われているのは住宅の購入金額の2割以上は頭金を用意しておくべきということです。

 

そのように云われる所以は、以前は物価価格の8割までは住宅ローンで借り入れができたためですが、現在は全額を借り入れることができます。また、諸経費も含めてローンを借りられる場合もありますから、基本的には頭金がなくても家は建てられるのが現状なのです。

 

では、なぜ頭金を用意しておくことが重要なのでしょうか?

 

基本的に頭金が多いほどメリットは大きくなります。住宅に対して借りるお金が減るわけですから、借金が少なくて済むこと。これが何よりのメリットです。

 

加えて、最近の金融機関では、頭金が二割以上用意されている場合、低い金利を用意してくれているところもありますから、最終的に払う金額は数百万円単位で異なってくるのです。

 

では、頭金がしっかり溜まってから購入したほうが良いのかと言われれば、時と場合によります。家賃と頭金の準備を両立することは難しいですし、早めに購入したほうが無理なく返済できるとも言えます。自分たちにあった金額、時期をしっかりと話し合うことが大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市