新築物件購入のパターン

住宅の購入を考え始めた時にまず初めに検討するのは、一戸建て住宅にするか、マンションにするか、新築にするのか、中古の住宅にするのか、ではないでしょうか。ここで新築一戸建て住宅を選択すると、ここからさらに細かい選択肢が存在していることに気が付くことでしょう。

 

まず、新築一戸建て住宅を購入する際には、基本的なポイントを整理して抑えておく必要があります。新築一戸建て住宅を購入する場合は、先に土地を購入してから住宅を建てる場合と、すでに自分が所有している土地や、親の土地に住宅を建てる場合がありますが、ここでは土地と建物を一緒に購入するケースについてご紹介してみたいと思います。

 

新築物件の購入は、「建て売り物件の購入」と「建築条件付き土地の購入」に大別することができます。

 

建て売り住宅は、売主である業者が企画設計建築した住宅を土地付きの建物として売り出したもののことを言いますが、購入者が決定して契約を結んだ後から建築工事に入るケースもあります。これを「建て売り住宅」に対して「売り建て住宅」と呼ぶことがあります。

 

一方、建築条件付き土地とは、一定期間の間に建築工事契約を結ぶことを条件として土地を売り出しているもののことを言います。これは、土地は購入者のものとなりますが、建物に関しては工事の注文者となります。このためこのようなケースも「売り建て住宅」と呼ばれます。

 

建て売り住宅は、契約の段取りを理解することはそう難しいことではありませんが、この建築条件付き土地に関しては、初めて住宅の購入を考えた方にとっては少し分かりづらいものとなる場合もあるようです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市