営業マンに注意

営業マンの本当の気持ちとしては、契約を済ませてしまった顧客にはもう興味がなく、契約をするまでが勝負なのでそれ以降はもう過去の話になってしまいます。

 

それは、どうしてかと言うと、住宅購入のリピーターという考えは、根本的に無いのが普通だからです。たとえあるにしても何十年もインターバルのある話になるでしょう。

 

また、仲介のケースでは物件事態の責任の所在は基本的には売主となっています。契約出来れば報酬が入ってくるので、契約後の相談ごとなどに関しては無駄な時間だと思っている営業マンもいるのが現状なのです。

 

そして、営業マンの給与は歩合制や出来高制である場合がほとんどで、そのことにより「契約前は親切な人だったのに」というクレームも、多く聞こえてきます。このような営業マンは仕事を何年経験しても、不動産取引にはさほど詳しくならないままのようです。

 

当然のことながら全ての人ではありませんが、不動産に関する知識や建築の知識をほとんど持って無い営業マンが多く存在しているようです。素人より多少なりとも詳しければ上手にごまかすことが出来、物件が売れてしまうというわけです。

 

もし買い替えや新しく物件を購入するならば、仲介業者と話し合いじっくりと相談する方が得策かと思われます。

 

そして中古物件の営業のケースで多いのが、良くない物件をわざと見せてから、購入させたい別の物件を見せられるとそれほど良くない物件でも良く見えてしまうトリックにかかってしまうことがあります。このトリックには注意が必要です。

 

物件を比べるのも確かに大切ですが、それよりもまずは自分のプランに合っているのかどうかを冷静に考えることが大事です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市