費用、年収別

家を購入したいと考えていても、ほとんどかなりの割合の方は、住宅ローンなどを利用して購入資金の借り入れをしなければならないと思います。

 

資金を調達する場所は銀行や住宅金融支援機構が一般的に考えられるところであり、それ以外になると、だいたいにおいて親や祖父母などからの贈与や貸与といったところになるでしょう。

 

資金を借りるとなると、はたして返すことが出来るのかという事が当然、非常に大切になってくるので、年収を考えていくらの物件を買う事が出来るのかを考えて見ましょう。

 

住宅を購入する際の一つの目安としては、ローンの返済比率が年収の25パーセントというような事がよく言われているようです。

 

近年、住宅金融支援機構がフラット35の利用者を対象に調査をしてみた結果を元に考えてみると、25パーセントまでの比率の方が57パーセントと総数の半分以上の数値になっています。前年より構成比が増加してはいますが、概ねこのラインが基本的な目安と考えて良いでしょう。

 

購入する際には住宅自体の価格以外にも手続きなどの諸費用や税金、引っ越しのための費用などもかかってきます。物件の価格により多少の差位はありますが、これだけでも数百万円変わってくるので無理のないプランを立てなければなりません。

 

昇給やボーナスもあまり頼りに出来ない、このご時世で頭金さえもコツコツ貯めるというのも難しい現在、ここで頼りにするのが親や祖父母からの援助ということになります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市