長持ちさせる時代

現在の日本では、リフォーム市場が拡大していく要因が整っているように考えられているのに、どうして、思ったようにリフォーム市場が拡大してこなかったのでしょうか。その原因のひとつに、日本国民の住宅に関する考え方というか、意識の問題が原因になっていると考えられています。

 

日本の住宅は、基本的に30年くらいで老朽化がすすんでしまい、その後は建て替えるものだというイメージが根強く存在しているようです。そして、どうせ建て替えるであれば、そんなにリフォームにたくさんの資金を投入してもったいないと考えられている、そのような意識が存在しているように感じられます。

 

現在まで長い間、住宅は建てては壊すことを継承してきた日本ですが、そのような行為が少しずつ変わろうとしているように思われます。

 

欧米などの住宅と比較すると極端に短いと言える日本の住宅の寿命ですが、これが今変化しようとしているわけです。ちなみに、欧米の住宅の場合には国よって相違はありますが、50年から100年もの寿命があると言われています。

 

短い期間で繰り返す、建てては壊すことは、資源の無駄することでもあり、購入者の負担も大きくなるはずです。国としても、これからは住宅の利用期間を伸ばす方向で色々なことに着手し始めているようです。

 

新築住宅に関しては、建築時から長い寿命の住宅とすることを前提に、計画、設計、建築されていくことを進めて行くようです。

 

中古住宅のケースでは、購入者が賢くメンテナンスをしたり、リフォームしたりして、いつまでも住める住宅としていく時代がやってくることでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市