耐震と物件調査

物件の築年数がだいぶ経っている住宅のケースでは、しっかりとした耐震診断をすることが望ましいと思います。どんなに内装や見た眼を綺麗に直したとしても、建物自体の耐震性に問題がある場合には、大きなリスクを背負ったままの住宅となってしまうからです。

 

築年数が経った古い住宅は、しっかりとした耐震診断の結果を見て、必要とされる耐震補強を検討していきましょう。

 

耐震診断をするうえで一つの基準となるのが、1981年より前に建てられたものかどうかということが、判断基準となります。この年に建築基準法の大幅な改正が行われ、これ以前と以後の建物では、耐震性に関して大幅な違いが生じているかもしれないからです。心配な方は、早めに耐震診断をすることをお勧めします。

 

また、耐震診断以外にも、リフォームを行う前には建物調査を行うのが良いでしょう。

 

よく無料点検などと言う名目でリフォーム業者が行うことがあるようですが、信用できるかどうかは考えものです。何故ならば、あくまでも、その後のリフォームを請け負う事が目的なので、たとえば問題ないような所まで補修工事を持ちかけられてしまい、本来は不必要出費までしなければならないことも多いからです。

 

だいたいが、建物調査は中立的な立場の者が実施するべきものでもあります。そのような意味では、有料でも中立的な第3者に建物調査してもらうのが望ましいといるでしょう。

 

このような建物調査や点検をしっかりとしておくことで、知らなかった問題が出てくるようなら、早期に対応することで非常に安心できると思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市