1981年はチェックポイント

中古住宅を購入する際の大切なチェックポイントとしてよく言われるのが、1981年以降に建てられた物件であるかどうかということが問題になってくるということです。なぜならば、この年に建築基準法が改正されたため、耐震性に関してより高い基準が求められるようになったからです。このことは新耐震基準などとよばれています。

 

わかりやすく言うと、1981年以降に建てられた物件であるならば、厳しい基準で建築されたものなので、それ以前に建てられた物件より基本的には安心であると言えるでしょう。細かく言えば、この年の6月1日に施行されたので、それ以前に建築確認がおりた物件であれば、それまでの基準で建築されている可能性が高くなることになります。

 

しかし、たとえ施行される前の物件でも、新耐震基準の仕様で建てられている物件もありますので、一概には施行前かどうかだけでは、判断することはできません。けれども、一般の物件購入者が建物や図面を見ただけで、これを判断することは不可能なので、この1981年6月1日が1つの判断するための基準となるわけです。

 

そして、この耐震基準のことでもう1つ注意しておかなければいけないのは、物件の中には、違法建築も存在していれば、工事が杜撰であったものも存在するということです。現状では建築物の劣化がひどくなってしまい、建築されてからの期間に関係なく建物の状態が悪いこともあります。

 

ですから、この建築年月に関しては、あくまでも参考程度にとどめて、個々の中古物件を個別に見て判断しましょう。その際の判断の参考としては、第三者に住宅診断をしてもらうのが良いでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市