日照チェック

大切な日当たりの条件をかならず確保する為には現在の状況だけに限らず、これから先に関する物件の周りの開発計画も確認しておかなければいけません。

 

特に注意しなければいけないのが、物件の周りが空き地になっていたり、駐車場があったらその場所は注意が必要になります。そのようなまとまった敷地にはこれから先にマンションや大型の販売店などが建てられる大きな可能性があるからです。

 

購入する以前に役所などの都市計画課やウェブサイトなどで、その土地の周辺に関する計画内容を調べたり、近くの商店街の人たちに聞くなどして、その地域の情報を収集してみるのも大切です。

 

せっかく買った家のすぐ前に巨大なマンションが建設されたら、日照のことだけに留まらず、家から見えるはずの景観も無くなり、それと伴に風の通り道も無くなるなど健康にさえ影響を与え兼ねない問題が生じたりします。

 

前もっておこなう十分な情報の収集が購入後の想定外の問題を回避する為の大切な点となります。

 

その他にも、広い公園や畑や空き地などはそのような要素をもっています。一般的には公園が近くにある場合や、緑が多く存在している事は素敵な環境の条件の一つと考えられますが、しかしそれが永遠にそのままとは限らないのです。その土地がどなたの持ち物なのか、地域の計画で無くなる事はないのかなどを調べておくことも重要になります。

 

その他にも倉庫や駐車場、社員寮などの企業などが持っているような、ある程度まとまった土地は危険度がアップします。

 

現在、見えている景色や日照だけにとらわれず、これから先の事も視野に入れて、その土地の計画も考慮しながら検討していくことが重要になります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市