時価の動向と交通

住宅を購入する際に「一生涯暮らす家」と思っていても、転勤などによる個人ではどうしようもない転居や家庭の様々な事情により家を売却しなければならなくなる可能性も考えられます。また社会的な変化によりローン返済が難しくなり、家を売却しなければならないという話も耳にすることがあります。

 

建物と言うのは長く利用していれば、当然老朽化し、あたりまえのことですが価値は下がっていきます。その一方で、土地というのは老朽化とは無関係ですから周りの土地環境の条件が大幅に変化しない限り価値が下がることはありません。

 

そして最終的な建物の資産としての価値はその土地や管理の状態、周りの環境によって大きく違ってきます。ですから購入する際にはこれから先の事も考慮して「価値の下ることのない」物件を選ぶことも大切なポイントになります。

 

当然のことながら人は「住みやすさ」を最も考慮して建物を選びますから、多数の人が「ここに住みたい」と考える物件は例え築年数が経っていても、管理がきちんとした状態ならば高額で売れるのです。

 

そして通勤や通学をしやすい場所、このような条件も物件の資産価値に多大な影響を及ぼす要素の一つになります。たとえば地下鉄など交通機関が乗り入れるようなことになれば、その差は歴然となります。地価が高騰するだけではなく、駅ができることによりその土地は活性化し、日常生活に利便性の大きな店舗や施設も造られることになるからです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市