住宅の寿命

日本における建物である住宅の平均寿命は約25年前後と言われています。イギリスの場合には約140年、アメリカ場合には約100年、フランスやドイツの場合には約80年、という統計が出されています。

 

建物の建築に関する構造や住宅での生活に関連する意識の相違いなどがあると思われますが、日本の過去の家の寿命がとても長かったことを考慮すると、現在の建物の建築の仕方に問題があると考えられます。

 

では、どうして住宅の寿命が長くないのかを考えてみましょう。

 

理由の一つとしては質の問題が関係していると考えられます。

 

日本では、戦後の復興期を通して、住宅は低価格な建物が求められてきました。その結果、質の悪い住宅が多く出回ることで、ハウスメーカーの物件も現実の販売価格は必ずしも安いものではないのですが、利用する材料は安いものを使用することで、高度な技術がない者でも建設ができるようになることを追求してきました。

 

その果てが、一見したところでは、それなりに整った建物が完成しているのですが、中身に関してはいいかげんな建物が数多く建てられることになってしまったのです。

 

そして、近年の住宅が増改築しにくい作りになっているということもあるようです。たとえばプレハブ住宅やツーバイフォー住宅は壁自体が主要な耐力壁となってしまっているため、そもそものプランの変更がしにくいプランの変更が難しい構造になっているのです。

 

低価格を追求した木造在来工法住宅も、工事の際に柱を抜いたり移動したりする余力がほとんどないので、同じように増改築に耐えられません。生活形態が変わってもそれまでと同じプランの住宅に住んでいくことは難しいので、結局、壊されてしまうということが多いようです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市