資産価値とポイント

住む場所のこだわりについて資産価値について考えてみましょう。

 

「一生ここに住む」と購入するケースではあまり気にならないかもしれませんが、先々において住み替えの可能性がある場合には、やはり資産価値を重視して選択するということが大切になってきます。

 

住宅の資産価値の大きな要素としては立地条件が大切です。転勤するかもしれないが、その時期はまだわからない、などという場合には、住むことで劣化していく建物よりも古くならない場所に重点を置いて考えた方が、資産価値を低くすること無く売りやすくなる可能性が維持できます。

 

ただ、立地条件は良くなればなるほど購入時には高価格で、固定資産税等のランニングコストも高額になるので、資金に関する計画が必要となってきます。住宅購入の際の資金計画のみならず、住宅購入後の住宅ローンの返済を考えた家計の管理プランが非常に大切です。

 

いつ訪れるのか判断できない住み替え時に少しでも良い条件を保持するために、高額のランニングコストを払い続けることが本当によいのかどうか。ライフプラン、キャリアプランと合わせた全体的なマネープランニングが大切です。

 

場所を選択する際のこだわりは、路線や最寄り駅、そして駅までの距離、通勤のための時間、または学区、住環境などいろいろです。家族皆の幸せな暮らしのために何がいるものなのか、購入の目的や希望に沿った項目を重視しましょう。

 

自らの力では変えることが不可能な、古くならない「場所」だからこそ、今後に向けた未来のライフスタイルを考えて最も良い場所を選択しましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市