幽霊の場合

中古物件探しの際には、気をつける人も少なくないはずの幽霊物件。世の中には、当然まったく感じる事がない人、幽霊なんて非科学的なものはいないという人もいますが、しかしながら昔から都市においての伝説や怪談話など数えきれないほど語られています。

 

幽霊が本当にいるのかどうかは別としても、目撃したという人や感じたという人は良く耳にするところでもあります。

 

そんな訳あり物件の逸話としての具体例を少しばかりはなしてみましょう。

 

一般的に言われているラップ音が良く聞く心霊現象の一つになっています。つまりラップ音と呼ばれている原因不明の物音や足音。これは原因の一つが建物自体の音として考えられています。昼と夜の寒暖差などで建材も伸縮するため、その際にラップ音と呼ばれる音が出る原因だとする説があります。

 

けれども、もちろんそれだけでは説明することが出来ない音も存在しているようです。

 

たとえば、すぐ目の前の机の天板を、なにか金槌のようなもので叩いているようなはっきりとした「カンカンカンカン」というかん高い金属の音。風も何も吹いていないのに突然揺れだして鳴り響く玄関の鍵にぶらさげてあるお守りの鈴など、このような現象は、はたして何のしわざなのでしょうか。

 

昔から、その土地や地域で語り継がれているような怖い話やいいつたえなど、話によってはタブーなどもあるようで、そのような話を馬鹿にしてはいけない、または、ふざけて真似をしてはいけないなど怪談話の背景には、現実に昔に存在した悲しい事件も数多くあるようです。

 

どちらにしても、気にしない、信じない方ならばお得な物件と言えるのかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市