購入の申し込み

気に入った物件を見つけたら、次に購入の申し込みをする段取りになるのですが、この申し込みのポイントを考えてみたいと思います。

 

まず申し込みとは、購入したいという意思表示のことで、気に入った物件について買う事を前提に考えていますよ、という意思を伝えることです。ただし、この購入申し込みは売買契約とはまた別のものになりますのでそこは把握しておきましょう。

 

不動産業者側も紛らわしい表現をすることが多々あるようで、買主の方も勘違いすることも多いようです。基本的には、申し込みは書面で行なわれ、その書面は申込書や買付証明書などと称されています。

 

その書面を出す際に申込金が無い場合もありますが、申込金を支払わなければならないこともあり、その場合には、ほとんどの場合10万円くらいまでが一般的なようですが、まれに申込金が50万円というような高額のケースもあるので、そのような場合には悪徳業者などの詐欺ではないかよく注意しましょう。

 

その後、契約になるわけですが、この申し込みにあたっての注意点ですが、営業マンが良く物件を見た当日に申し込みを進めてくるケースがありますが、落ち着いて考えてみましょう。けっして当日の申し込みをしないようにしましょう。また契約に関しても同様です。

 

そして、申し込みから契約までの期間は最低でも1週間はおいて、その間に落ち着いて、物件と自分自身の生活を想像してみたり、調査してみて下さい。 その場では分からなかったものが、色々と見えてくるかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市