引き渡しと残金支払いについて

売買契約を済ませて、住宅ローンの申請をして承認がもらえれば、残代金の支払いをして引渡しをしてもらいます。引渡しの際には実際何をするのか考えてみましょう。

 

これは、買主が売主へ残金を支払い、所有権を売主から買主へ移動させることを示しています。また、住宅ローンを組む場合には、銀行で借入をして、その場で売主に残金を払い込みます。

 

不動産登記は一般的には、司法書士が引渡しをして決済日のその日に全ての書類を揃えて法務局で申請します。その中身としては所有権の移動と、住宅ローンを利用する買主には併せて抵当権の設定をすることになります。そして、新しく出来た謄本には買主の名前が記載される運びとなります。

 

買主は売主から購入物件の鍵を渡され、物件の引渡しを行う流れとなります。

 

契約も大切ですが、引渡し時もさらに大切なことばかりになります。

 

まず引渡しの前に、絶対に物件の状態を確認するようにしましょう。引渡し前の事なので、仲介業者を通して売主に了解を取ってからとはなりますが、契約する前に物件を確かめること事がもちろん大切です。物件を見に行き、不具合のない物件を引き渡してもらえるかのチェックをするためです。

 

その際には入居した時を考えて家具の配置などを考える為に、採寸したりするのもやりやすいでしょう。契約の際に補修要望を出しておいた事項が、きちんと補修されているかなどの確認も行うとよいでしょう。

 

引渡しをしてもらうということは、残代金を全部支払うことなのです。きちんと補修されて、完了した物件を引き渡してもらうのは、買主のあたりまえの権利なのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市