マンションと一戸建て子供に向いているのは

自宅となる物件を買うに当たって、1戸建てとマンションを比較した際に、子育てを考えたケースではどちらをチョイスするべきかと思われる方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

 

子育てに関しては、それぞれの土地の周辺環境や自治体の活動などによって差のある部分もありますが、物件としての「1戸建て」と「マンション」を比べてみましょう。

 

まず建物の特性ですが、1戸建ての場合には2階建てや3階建てが基本的には多いようですが、マンションの場合では、階数は当然それぞれ異なります。

 

懸念される子供の転落事故などは、比較的マンションで起きやすい事故のようです。1戸建てのケースでは、高さがマンションほどでもないこと、また、庭など土のようなやわらかい部分に落ちることも可能性として大きいため、マンションと比較した場合大きな事故になりにくいようです。

 

必ずしも1戸建てだから、マンションだからということではないものの、マンションの高い階に生活するほど、危険性は高くなるというのは間違いないでしょう。

 

また構造の観点から考えると、1戸建てのケースでは、階段や玄関など落ちた場合に怪我をする可能性のある段差がある所も多く、歩き始めた幼児などの場合はリスクが高まるケースも考えられます。

 

それに比べると、マンションの場合にはフラットなスペースが多いので、多少心配が軽減されるかもしれません。けれども、部屋を退室した際には、エレベーターや階段などには注意を向ける事が必要です。

 

なお、マンションでは、子供の泣き声など、周囲のお部屋に対する迷惑に関する心配がちょっとしたストレスになってしまうようなことも考えられるかもしれません。将来へ向けての子育てをイメージしながら購入の際に考えていくほうが良いでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市