中古住宅の長所と短所

中古一戸建て住宅に関して長所と短所を考えてみたいと思います。

 

まずは中古一戸建て住宅を購入する長所であるメリットについて考えてみましょう。

 

最も大きいのは、基本的に新築の物件よりも価格が安価である事ではないでしょうか。

 

そして現実に建物が出来ているので、実物そのものを見て考えることによって購入するための判断が可能な点です。特に、図面など資料を見ても理解しにくい方は、実際の物件を見る事が出来た方がよりわかりやすいはずです。

 

購入物件が近年の物件であれば、骨組みや耐震性もしっかりしていることがほとんどなので、中古の物件であっても昔よりは、安心して購入出来ることが多くようになったように思います。

 

反対に中古一戸建て住宅を購入する際の短所であるデメリットはどのようなことなのでしょうか。

 

たとえば、購入物件を調査したとしても、必ずしも目視しただけでは判断出来ないところが多少は存在するので、その場所に関しては、残念ながら解体して中を調べることが出来ない以上、100パーセント完璧ですとは言いいきれないということがあります。

 

新築の場合には、何もないところから作っているので、建築の最中に必ず誰かがチェックをするようになっているようです。

 

当然のことながら、第3者の方の検査が望ましいわけですが、中古物件のケースでは、非破壊検査では見ることが出来ない部分がいくつか存在していて、その場所に関してはどうしようもないようです。

 

築年数の問題というよりも、物件の大量な需要が高まったことによる質より量の時代に建てられた建物は中古としても不安な一面があると考えられます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市