中古住宅購入の長所と短所

一戸建て住宅を購入したいと思っている方は、新築物件がいいか中古物件がいいかと悩む人が多いのではないでしょうか?ここでは、中古住宅のメリットとデメリットを検証してみます。

 

一番最初に考えるべきポイントとして、住居をどこに構えるかで選択肢が変わってきます。

 

住み慣れた街に住みたい、両親の近くに住みたいなど、住居の地域を限定して考える場合、新築物件に対して中古住宅の物件数は多くなります。また、中古物件は既に建っている住宅であることから、駅前の立地や、買い物に便利な立地、学校の近くなど、生活環境に適した所にある場合も多いでしょう。

 

一方、新築物件の場合は、地域的には妥協をせざるを得ない場合が出てきます。新規で土地を購入するにせよ、建売住宅を探すにせよ、駅から離れていたり、開発中のエリアだったりする事も多く、交通の便は悪く、車を所有していないと住みにくい場合も少なくはないようです。

 

それでは資金面ではどうでしょうか?住宅自体は新築物件に比べて安く購入できるのが一般的ですが、購入後のリフォームなどのメンテナンス工事や税金面などを考えると、一概に中古物件が安く済むともいえません。そもそも人気エリアの土地と、新築が建てられやすい土地では、土地の価格も違うはずです。

 

中古住宅購入にあたり、住み主の手間がかからないメリットはありますが、使用感や間取りなど、妥協するポイントが出てくるところは、どんな中古商品でもデメリットにはなってくるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市