確認申請書とは

中古住宅の購入には、購入しようとしている敷地の条件や、建物の造りに問題がないかどうかを、資料や図面で確認してから、価格に見合うかどうか確認する必要があります。その中でも重要な資料が、建築確認申請書となります。

 

建築確認申請書とは、新築や増改築を行う際に、建築主が建築確認検査機関に提出して、建築物が建築基準法や条例などに適合しているかどうかを確認するための資料となります。この確認申請書がなくては建築を始めることはできません。この確認書には、建物に関する様々な情報が記載されています。

 

確認申請書からのチェックポイントをまとめてみます。

 

まず、建築の時期は非常に大切です。なぜなら、時期によって耐震性が強いか弱いかある程度判断する事ができるからです。目安として、昭和56年以前の建物は耐震性に問題がある可能性が高くなります。逆に平成12年以降のものはしっかりしている可能性が高いでしょう。

 

建物の設計施行をどこが担当していたかでも建物の施工レベルが確認できます。設計施工が建売住宅や工務店の場合、施工レベルには不安が残りますが、設計事務所が設計を、工務店が施行しているように設計施行が分離されている場合は安心できるでしょう。

 

また建物の骨組みの段階で、中間検査を受けているかもポイントです。ここで住宅金融公庫から融資を受けている住宅は問題ありませんが、受けていない建物で平成12年以前のものは、検査済証があるかないかで判断できます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市