住宅の設備

中古住宅を購入するにあたり、住宅の設備の内容を確認するのも大切なポイントとなってきます。もちろんできれば、そのまま設備が使えるに越したことはありませんが、中古住宅の場合は、物件の年代によっては設備が古かったり、満足のできないものである可能性も少なくはないでしょう。

 

ここでは、何をポイントに付帯設備を確認すればいいかをまとめてみます。

 

中古住宅を購入する際は、購入前に物件の内観をした時にあったはずの設備が、購入したら無かったという事も珍しくありません。例えば、前の居住者がエアコンを取り外して引っ越してしまっていたり、湯沸器が使えなかったり、壊れていたりなどのトラブルはよくあるケースになります。

 

このような失敗をしないためにも、付帯設備確認書などでしっかりと確認をしておく事をお勧めします。

 

特にチェックが必要な箇所は、風呂場やキッチン、トイレなどの水周りの設備に関してです。これらは使えるか新たにリフォームするかでは、価格面で大きな差が出てしまいます。しっかりと確認をして、リフォームを検討するなど、資金面でも確実に計画を立てておく必要があるでしょう。

 

細かい付帯設備でも、使えるか使えないかを把握しておく事は大切といえます。インターホンやチャイムなどは使えるか。テレビやインターネットなどの通信環境はどうか。ホームセキュリティなどの有無など、事前に確認はしておくべきでしょう。

 

購入前に内観する時には、写真を撮っておくなどして、確認記録を残しておく事も必要かもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市