何を優先するか

中古マンションを購入するとき、何を優先すればいいのでしょうか。

 

それは、自分が住居に求めるものが何かをよく見つめることが大切になります。

 

まず、購入の目的です。子育てのためにマンションが必要な人が、都心のタワーマンションを見に行っても、悩ましいだけです。学校や病院へのアクセスなどの周辺環境、セキュリティ、広さにポイントを置くべきでしょう。大規模マンションの中に頃合いの物件があるかも知れません。

 

一人暮らしのOLが郊外のファミリータイプのマンションを見ても心動かされることはありません。やはり、遊び心のある間取り、セキュリティ、マンション管理、会社へのアクセス、周辺の防犯状況などにポイントを置くべきでしょう。数年前、都心に大手ディベロッパーが開発したマンションなどがねらい目です。

 

いろんなマンションがあり、いろんな物件を求めている人がいます。

 

自宅で仕事をする人は、閑静な住宅地を求めるか、便利な都心部を希望するかよく考えねばなりません。仕事の合間に細々した雑事をこなすためには、便利な都心がいいのかも知れません。
思い切って、お気に入りの公園の近くで中古マンションが売り出されるのを待つのも一つの選択です。希望がはっきりすれば、必ず運命の出会いがあります。

 

信頼できる業者を見つけて、自分の希望条件をきちんと伝え、探してもらえば、より理想の物件が見つかる可能性が高まります。

 

その上で、立地、価格、築年数、建築構造など、個々の要素について検討していくのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市