耐震構造

欧米では、新築物件より中古物件のほうがずっと多いので、築年数より、管理が良く、構造に信頼できる物件の価値が高いのです。築80年のフラットなどもごろごろあります。

 

リノベーションが一般的になった現在においても、天井高を変えることはできませんし、窓の少ない間取りを変えられるモノでもありません。排水、給水パイプが壁に埋め込まれているなどの構造は、変えられないのです。

 

1981年に建築基準法が改正され、新耐震基準が定められてから、現在に至るまで大きく変更はありません。ですから、中古マンションの構造チェックの基準として、1981年以前と以後があげられます。1981年以降、建設されたマンションであれば、新耐震基準はクリアしています。

 

それでは、1981年以前の中古マンションは新耐震基準を満たしていないのかというとそうでもなく、個別に違っています。どのくらいの耐震構造を有しているか業者に確かめる必要があります。

 

東日本大震災後は、安全に対する懸念は、中古マンション購入の最大ポイントになっています。安全が確保された物件を購入すれば、今後の転売や賃貸しにも対応できます。

 

また、築年数の経った中古マンションは、敷地にゆとりのあるものも多く、立て替えの際には、自己負担金がいらない物件もあります。容積率が大きくなったケースでは、元の戸数より多くの部屋が確保できるからです。それとは反対に容積率が下がったケースでは、自己負担金が多くなります。チェックしておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市