住宅ローンの申し込み

売買契約を売り主さんと交わし、手付け金を1割程度支払ったら、すぐに住宅ローンを申し込みます。業者さんの提携ローンもありますが、自分の納得した、ローンを組むといいでしょう。

 

ローンを申し込む際には、厳選徴収票、住民票、印鑑証明などの公的書類が必要になります。金融機関や業者さんに確認し2部ずつ取っておきます。1枚300円程度ですから、足りなくなり、あわてることのないようにします。

 

売買契約を交わす前に、金融機関に住宅ローンの事前調査を申し込んであるはずですから、申し込みから1〜2週間あれば、ローンが下りるはずです。だいたいの目安を金融機関に確かめておきましょう。

 

ただし、ネットバンクやフラット35では、事前審査のシステムがなくローンが下りるまでに2週間以上かかることもあります。残金決済まで気を抜けません。

 

また、まれに金融機関の事前審査ではOKだったのに、信用保証協会の審査が通らないことがあります。そのケースでは、残金決済までに他の銀行ローンをあたる必要があります。こんな時こそ、業者さんの提携ローンをお願いする手もあります。

 

住宅ローンの承認が決まり、ローン契約を金融機関と結んでから、融資の実行まで3〜4日かかります。

 

あわただしく感じるかも知れませんが、中古マンション購入の場合は、購入申し込みをしてから、売買契約までの期間が1週間〜2週間と短いのが特徴です。他の競争者がより高い価格を提示する場合も起こりうるためです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市