資金計画

近頃、不動産の購入には頭金なしの物件がよくあり、つい心が動いてしまいます。でも、基本的には、頭金2割、手数料など1割を用意してからといわれます。

 

2000万の物件なら頭金400万円、諸経費200万円というところでしょう。1600万円を住宅ローンにすると、信用保証料50万円を上乗せして、1650万円を25年〜30年かけて支払うことになります。総支払額は、およそ倍額の3200万円です。月々の返済額は、およそ5万円、ボーナス加算20万円といったところです。ボーナス払いをなくし、月々返済のみにすれば、8万円弱くらいになります。

 

住宅減税がニュースのヘッドラインに並ぶのも、この延々と続くローンのプレッシャーを軽減するからでしょう。また、消費税がアップするのは、まもなくですから、2000万円の物件なら、50万円だった消費税が100万円になります。総返済額で100万円ほどアップします。

 

不動産を所得すれば、毎年固定資産税がかかりますし、住まいの設備機器のメンテナンスも必要になりますから、貯蓄をすべて頭金に充てることは危険です。手持ちの資金があれば、転勤、疾病、Uターンなど予測しない事態にもフレキシブルに対応できます。住居用に購入したが、投資物件のようにお金を生む不動産になったりと驚きのサプライズもあり得ます。

 

ローンは少なく、手持ち資金はしっかり確保するのが、このデフレ時代の不動産購入のポイントです。冷静に資金計画を立てることが不動産購入を成功に導きます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市