修繕準備金とは

修繕積立金とは、いつまでも新築当初の機能と美観を保つために、計画的に修繕を行うために住民から、月々徴収しするお金です。「マンションは、管理を買え。」といわれるほどですから、住み心地がよく、転売もしやすいマンションは、修繕積立金が潤沢なマンションとも言えます。平均すると70平方メートルのマンションで、月額13000円くらいです。

 

マンションは、個人住宅と違って自分の都合で、メンテナンスすることが出来ません。貯水タンクの洗浄、交換をはじめ、配管修理、外壁の修理、再塗装など、設備メンテナンスは住民全体の利益につながります。また、外壁の洗浄、再塗装の際に塗装の間に生じた、亀裂のコーティングなども必要です。大規模な高層マンションでは、外壁全体に足場を設置しなければならず、この費用が馬鹿になりません。エレベーターの保守、修繕などランニングコストは、共益費から捻出するとしても、20年経てば、エレベーター本体を交換しなければなりません。

 

マンションの資産価値を保つためのこのような修繕は、どのマンションでもおこないますが、小さいマンションよりは、大規模マンションのほうが、人数が多いほど効率よく進み、個人負担も少なくて済みます。

 

中古マンションを購入して、ほどなく大規模修繕が行われ、修繕積立金不足のために、個人負担を求められることは、ありがちなことです。金額は、30万円〜100万円程度のことが多いようです。中古マンションを購入する際に近く大規模修繕が予定されているかどうか、修繕積立金は、どれくらいプールされているかなどは、購入前に教えてもらえますから、是非聞きましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市