不動産購入にかかる費用

売買契約時に貼る収入印紙代から不動産取得税まで、不動産購入には、数々の費用がかかります。

 

まず、売買契約時には印紙代がかかります。物件が1000万円以下なら1万円、5000万円以下なら15000円かかります。

 

仲介手数料が必要な場合は、税抜き物件価格の3%プラス5〜6万円です。2000万円の物件なら70万円くらいです。新築物件では価格に含まれます。

 

次にローン事務手数料が3〜4万円必要です。ローン保証料は、2000万円の物件で45万円くらいかかります。

 

次に登記費用、住宅ローン抵当権設定費用などが10万円ほどかかり、司法書士事務所への支払いを加えれば、20万円くらいになります。

 

最後に固定資産税と不動産所得税があります。固定資産税は、半年分5〜7万円用意すればいいですし、不動産取得税は軽減措置でほとんどが0円です。

 

入居後には、保険も必要です。火災保険は掛け捨てで年間2〜3万円、満期時に20〜30万円の返金があるタイプのもので、年間6〜7万円掛けます。地震保険は、2〜3万円プラスになります。

 

ざっと、不動産購入にかかる費用をあげましたが、これに加えて、引っ越し費用20万円、カーテンソファなどインテリアに20万円、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などの家電に20万円かかります。

 

これらをすべて合わせると2000万円の不動産物件を購入するのに、諸経費として物件の1割200万円はかかるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市