不動産購入の優先順位

不動産購入するほとんどの方が、自分が住むために不動産を購入します。そのため、人生プランのどの時期に購入するかで購入の優先順位が変わってきます。

 

ちなみに不動産物件は、立地が大きなポイントとなりますが、子育て世代には、広さ、教育施設の充実などと共に、公園や図書館、病院などの公共施設も優先順位の上位を占め、郊外型でも広い物件が好まれます。

 

反対に、一人暮らしでは、住宅設備の充実や眺望、買い物や交通の利便性が優れ、街中で、歩けば、こじんまりした公園、病院があるといった物件が好まれるようです。

 

住宅の寿命は、一戸建てで30年、マンションで50年といわれます。それを考えれば、今流行のリノベーションやリフォームはいつ頃予定し、どのくらいの費用を蓄えなければならないかも見えてきます。かつて話題になった耐震構造のガイドラインが制定されたのは、1980年ですから、建物の構造に付いてもチェックする必要があります。

 

現在の家族構成がこのまま続く保証はありません。郊外型のファミリーマンションに暮らす子育て世代は、老夫婦二人暮らしになるのは、予想されますし、また、便利な街中に住む一人暮らしのビジネスマンが3人の子どもを育てる大家族になるかも知れません。

 

大規模な戸数を誇るマンションにするか、修繕費や共益金が高くても、管理が良いマンションにするか、タワーマンションに住むかなど、優先順位を決めるのはあなたです。

 

仕事の関係や子どもの預け先など、譲れないポイントがあれば、それを中心に購入の優先順位を決めていきます。多少狭くても、子どもを預けられる先がある、職場へのドアツードアの時間が短く暮らしやすいなどです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市