新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

マンションの定義

マンションの定義は全世界で様々です。例えば、アメリカでは豪邸などの意味合いが強く、日本で言う大型の共同住宅という認識はほとんどありません。日本では、比較的大規模な共同住宅で独立して住居のために各室が分離して有されるものと理解します。

 

基本的には鉄筋コンクリート造で賃貸物件ではなく、個人所有の共同住宅と理解されることが多いです。従って、一戸建て、長屋建と並んで分類されることが多いです。

 

マンションは高層なものが多く、必要な土地面積も必要でないため、比較的大都市圏で、マンションを利用される場合が多いことが実状です。

 

マンションは、【マンションの管理の適正化の推進に関する法律(2011年施行)】において、正式に法令用語とされました。定義では、複数の店舗や事務所と居住地の専有部分が一戸以上ある建物で、区分所有者が最低2名いることと定義づけられます。簡単に一言で説明させていただきますと、【ひとつの集合住宅に多くの個別の所有者が存在し、共有部分があること】と言えるのではないかと思います。

 

当初のマンション(1980年代〜1990年)にはデラックス志向のものが多く、なかなか一般消費者には利用できなかったのですが、その後、マンションの普及が促進されるに従って、住宅ローンも整備され、多くの消費者がマンション購入をするに至りました。

 

しかしながら、マンションの創生期に建立されたマンションは、昨今の地震などが頻発に発生することを背景に、大規模修繕や建て替えの必要性が表面化してきたことも事実です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市